HONDAのAndroid アプリ, Web アプリ開発忘備録

このブログはHONDAがAndroidアプリの開発開始と同時に作成したもので忘備録として記しています。最近Web系に就職が決まったのでwebアプリも勉強していきます。

GitHubの導入~フォルダごとコミットへの道のり

前回はGPSから位置情報を取得するところを取り扱いました。

そして現在あいちゃれのプロジェクトに向けてなんとか奮闘中です。

三人で製作していますが、そろそろGitHubで共同開発しようぜとなりました。

 

というわけで今日はGitHubの導入について

SourceTreeを使っていきたいと思っています。

※何回聞いてもフォルダごとプッシュする方法を忘れてしますので

それ用に記載してます笑

 

 

まずGitHubとはバージョン管理システムの事です。

どんどんプロジェクトを更新していきますと

その更新履歴(リポジトリ)が積み重なりますよと。

その履歴の情報を管理するものだと思っていればいい(と思う).

履歴を登録することをコミットといいます。

(第一期のソフトウェア工学で習いましたw)

 

Gitの流れ

作業ディレクトリの追加

    ↓アド(add)

ステージングエリア

    ↓コミット(Commit)

リポジトリ

 

 

ダウンロード&インストール手順

  1. GitHubアカウントの登録、ここで登録。(今回は登録しているため省略)
  2. SourceTreeのダウンロード&インストール

    Git、Mercurial 対応 無料 DVCS Mac、Windowsクライアント | Atlassian

  3.  

    インストール後SourceTreeからにGitHubのアカウントとPasswordを入力させられるので入力する。

インストールすると

f:id:havoc0214:20150913224619p:plain

こんな画面。わーたくさんプッシュしてますねー白目

 

フォルダごとあげていきます。

まず、最初にリポジトリを登録する際は自分のユーザ名とE-mail adressが必要なので登録します。

f:id:havoc0214:20150913225016p:plain

こんなこと煩わしい!というかたは

ターミナルから登録しましょう

f:id:havoc0214:20150913225216p:plain

コマンドとしては

git config --global user.name "登録したい名前"

git config --global user.email "登録したいadress"

 

登録内容の確認は

git config -l

f:id:havoc0214:20150913225619p:plain

登録されていればでる。

できなかったら空欄になっています。

 

つぎにようやくリポジトリの登録です

画面右上の「新規/クローン」で作成するで

登録したいフォルダのパスを渡してあげます。

f:id:havoc0214:20150913232412p:plain

できると、右の欄ようにプロジェクトができてきます。

さて、次にコミットをします。

コミットは「新規/クローン」の隣にある「コミット」を押します。

そうすると、

f:id:havoc0214:20150913232718p:plain

このような画面になります。この下の欄のチェックボタンを押すことで

ステージングにaddすることができます。

一度コミットするとチェックボタンを押してもステージに上がらないはず。

ステージにすべてのファイルを上げてコミット欄に文字を打ってコミット。

 

これでコミットは完了です。

ただ、これをGitHub上で反映させる必要があります。

この操作の事をプッシュ(push)と呼びます。(恐らく。)

僕の理解としては

コミット:リポジトリを登録する。

プッシュ:登録したリポジトリを反映させる

という理解です。詳しくは調べる必要あり。

 

というわけでGitHub上でリポジトリを作り、そこにプッシュしていきます。

まずGitHubのページからsign inしてNew repositoryをクリック

f:id:havoc0214:20150913233407p:plain

そうするとリポジトリの登録画面になるので名前を登録して作ります

f:id:havoc0214:20150913233513p:plain

最初のほうはinitilize ~~ READMEにチェックを入れると

txtファイルの作成をすることができます。

んでまぁ今回は「test1」という感じでつくりましたよと。

f:id:havoc0214:20150913233353p:plain

このような画面に遷移します。

出来たプロジェクトを右下のようにzipで落とすこともできますので

なかなかお世話になる人もいるのではないだろうか。

このリポジトリに先ほどのコミットしたものをプッシュしていきます。

まず、この画面のURLをコピー

そしてソースツリーのリポジトリリポジトリの設定から

リモートリポジトリの追加でコピーしたURLを張り付ます。

f:id:havoc0214:20150913233922p:plain

追加するとパスの画面に表示されますのでOKを。

 

最後にプッシュボタンを押します。

プッシュ先を先ほど追加したリモートリポジトリに選択し

masterを選択最後にOKでできる。

f:id:havoc0214:20150913234250p:plain

 

もしこのような画面が出場合

f:id:havoc0214:20150913234357p:plain

www.softel.co.jp

 

ここを確認すると、

まずはpullします。

f:id:havoc0214:20150913234902p:plain

つぎにフェッチします。

f:id:havoc0214:20150913234924p:plain

んで最終的にまたプッシュすると

反映されているはずです。

f:id:havoc0214:20150913235022p:plain

こんな感じでどんどんコミットしていきましょう。

使い方についてはまた今度書くと思います。